歯科医の新時代がきた!

歯医者は大学の歯学部を卒業して、歯科医師国家試験に合格すると免許を貰えます。免許がないと開業はできません。歯科医師国家試験に合格して、臨床研修を修了したらやっと独立して歯科医業ができるようになります。歯科医師免許は更新が無いので、一度取得すれば生涯有効なのです。歯医者の役割は人々の歯の健康を守ります。虫歯の治療や予防、その他歯に関わる多くの業務があるのです。歯科医師にも医者と同様に専門医資格や認定医がありますが、多くの種類があります。現在、歯医者の数が過剰だという問題が発生しています。

歯医者の需要と供給のバランスが悪くなっているのです。歯医者の数が増加傾向にあり、競争が激化して、経営状態が悪化しているのだそうです。女性歯科医の増加もあり、イメージや競争に負ければ廃業になる歯科医院もあるようです。意外な事にコンビニエンスストアより歯科医院の数の方が多いのだそうです。収益を良くするために休日や夜間に診療する歯科医院も増えてきています。代々歯医者をやっている家系は良いのですが、新規に歯医者として参入するのは大変な世の中のようです。

医療設備はとても高額ですから、投資額を差し引けば一般的なサラリーマンとあまり変わらないという指摘まであるようです。国立大では歯学部の定員を減らしているところもありますが、私立大では経営の都合上、なかなか定員削減は難しいようです。私立大の歯学部は授業料も高く倍率が低い大学もあり、そのような大学では実質上全入となっています。歯医者はなくてはならない職業ですから、歯医者の需要と供給のバランスを守る対策を国が取る必要が出てきています。

医師が集まりデンタルクリニックを会社のように運営しているところもあります。なんとそこの院長はまだ20代の女性でした。歯科は美容整形の一部のように輝いてました。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です